一時帰国中でございます。

こちらは、アントレアフリカブログからの転載記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、Food for Future Plcの竹重です。

 

なんだかんだで日本に一時帰国してから早2週間あまりが経過してしまっているようです。

残念ながら、まだまだやらねばならないことがたくさんあるので、もう少し急ぎでやっていかないと危うそうです。。。

 

いろんな人に会ってみた。。

 

さて、今回の一時帰国では、ようやくエチオピアの現地法人が登記完了したこともあり積極的にたくさんの人たちに会ってみています。

 

そんな中で、今週日曜日10日にAfrica Questさんのイベントに出ることになってしまいました。

 

基本的に不特定多数の方々の前で話すのが苦手なことから一抹の不安を感じていますが、月末に控えるアントレアフリカの報告会も結果的に随分と豪華なイベントになってしまったこともあり、少し慣れておく必要もあるのかもしれないななんて感じてもいる今日この頃です。

 

さて、本題に戻りますが、エチオピアに限らずアフリカ大陸で活躍している方々から多くを学ぼうと色々な方々に会ってみました。

 

そして、気づいたのですが、、、

 

意外と同世代の方々が多いこと。

 

そして、パンチの効いた変わった方々が多いこともあり、話をしても楽しいこと。

 

中でも、大きな収穫だなと感じたのが学術界の方々との接点です。

 

独自の世界観で活躍している学術界の方々

 

これまで、エチオピアに関わり初めて約2年半ほど経っていますが、これまで気づきませんでしたが、学術的にエチオピアについて研究をされている方々が多いこと。

 

話を聞いてみると、やっぱり学術界も独自のネットワークはあるものの、学術界以外のコミニュティを超えて輪はあまり広がっていないこと。

 

僕のような脱サラアフリカチャレンジャーとしては、なんとか学術界の方々も巻き込んで面白いことができればいいなと本当に思っています!!!

 

せっかく日本でお会いできた皆さんとのご縁を大事に今後の事業開始に向けてしっかり謙虚に学んでいこうと思っている次第です。

チームJAPANでエチオピアを盛り上げていけたらいいなーと思う木曜夕方。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です