エチオピア驚きのネット事情

突然シャットダウン、なにが起きたネット環境

2016年2月以降1年の3分の2くらいはエチオピアにいますが、昨年5月末くらいのお話です。

突然、インターネットへのアクセスができなくなりました。

エチオピアでは、通信会社が『Ethio Telcom』独占体制なのですが、日頃から、一部SNSのアクセスが禁止されたりということはしばしば起きます。

これは、エチオピア政府の最優先課題の1つである治安維持の観点から行われています。

エチオピアは連邦国家ですが、州ごとにざっくりと民族が括られています。

加えて連邦政府のパワーバランスというのが、基本的に北の方の民族に偏っています。

そのため、度々、連邦政府で不遇な目にあっている民族が、反政府デモなんか起こしたりするんですね。

そういったデモの拡散を防ぐためにSNSの規制を行なっています。

なんとなく、そんな規制にも慣れつつ、VPNのアプリケーションを使うなどの対抗手段を用いてネットにアクセスいたのですが、5月の末ころだったと思いますが、突然、インターネットに全く接続できなくなりました。

モバイル回線がダメなのかと、アディスアベバでもWifi環境が良好な高級ホテルのロビーなどで試してみるもダメ。

インターネットなんか関係ない。
休日に子供達のサッカーを観戦するエチオピア人。

1日2日だったらまぁ、そんなこともあるか位に思っていましたが、3日たっても全然ダメ!?

おいおいっ。。

メールすらチェックできないので、本当に参りました。

いろんなところで、原因を聞くもわからないとのこと。

なぜか平気そうなエチオピア人をよそにフラストレーションのたまる僕。

理由がわからないって辛いです。

まだまだ、エチオピアでは一般大衆がインターネットにアクセスする環境が整っていないため、インターネットへの依存度が低いんですね。

えっ、試験のため!?理解不能な理由。

何か大規模なデモでも起きたのかなんて推察していましたが、、、

そんなこんなで5日目くらい。

聞こえてきた理由が、『National Examの問題流出を防ぐためらしいよ。』なんてもの。

このNational Examは、日本でいう所の大学センター試験みたいなものです。

その問題がインターネットを介して流出してしまったということで、再発暴発のために、1週間ちょっとネットが完全にシャットダウン。。

日本というか、ほとんどの国の常識からしたら信じられないですよね。

嘘だと思っていました。

釈然としないまま、1年が経過して。

2年目も、、、

嘘だろうとずっと思っていましたが、そんなこんなで今年の5月末。

そう、『National Exam』の時期が再びやってきました。

昨年末のネット停止の不便な日々、それからもエチオピアで生活をする中でいろんなことに耐性のついた今年は、ネットが止まっても驚きなし。

もしかして、昨年の試験でネットが止まったっていっていたのの再来か?なんて思ったわけですね。

釈然としなかった昨年のネット、シャットダウン事件。

答え合わせじゃないですが、今年も試験のために止まったのをみて毎年5月末にはネットが国を挙げて停止することをおぼえました。

コストも高い。。

さて、冒頭でも書いた通り、インターネットへのアクセスが1週間止まっても割と平気そうなエチオピア人ですが、この原因を僕なりに考察した結果、高い通信料金にぶち当たりました。

日本では、最近、格安SIMが広まってきて、通信会社にもよりますが、1980円とかで3〜5GBくらいの料金プランがありますね。

1GBあたりの単価で考えると、250円くらいになると思いますが、エチオピアで1GBの料金はというと、なんと160 ブル(800円)。

これって、エチオピアの公務員の初任給2000ブル(1万円)に対してかなり高いですね。

そのため、日常的にインターネット回線に接続できる層はかなり限られてきます。

実際には、ホテルやカフェなどWifiの接続がある場所の外で電波泥棒をしている人も多いのですが、このインターネットへのアクセスの高さが彼らのインターネット依存を抑制しているのだと思います。

ちなみに昨年の記事になりますが、世界でインターネットのコストがもっとも高い国にエチオピアがランクインしています。

Ethiopia Ranked #1 as the Most Expensive Country for Internet Users

結構、アフリカの国々でもコストの高い国多いんですね。

インフラ整備の資金回収の進み具合とか、他国からのインフラ輸入の影響なんですかね。

より多くの人がアクセスできるようになれば、、、

インターネットの接続環境ってすごく大事だと思っています。

理由は、インターネットに接続できれば、自前で色々な知識にアクセスできるようになるから。

特に教育制度の未成熟なエチオピアのような国では、学ぶ意欲さえあればインターネットで自分で学べることってすごく多いと思います。

政府の情報統制の必要性についても理解できない訳ではありませんが、もう少し容易にインターネットを介して世界に繋がれる環境が整うとこの国の発展ももっと加速するだろうと思います。

 

因みに、今年は日本語メディアでも一部のメディアで試験のためにネットがシャットダウンされた件が記事になっていましたので、ご興味のある方は以下のリンクから。

エチオピア全土でネット接続切断、高校の試験問題漏えいに備え 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です