クーデターが発生したようです。

どうも、Food for Future Plcの竹重です。
現在、6月24日月曜の朝9時@Ethiotelcomアワサオフィスです。

6月22日土曜日にクーデターが発生したようです。

概要としては、北部のアムハラ州のPresidentと軍のトップ他2名の計4名の政府高官が殺されました。
背景としては、北部アムハラ州の一部の高官が現首相アビーさん(オロモ族出身)の政権に不満を抱いていて、アムハラ民族による統治を実現しようと画策しているのでしょう。
これに伴い土曜の深夜から、先週、先々週のNational Examの時と同様に国を挙げてのネット遮断が始まっています。

てな訳で、日曜昼過ぎに第一報を聞いて以降、情報収集を電話で行っていたのですが、ものの1−2時間で遂に電話すら繋がらない状況になりました。
他の人たちはまだ電話が繋がっているようだったので、何が問題なのかなーなんて、思いつつ、Ethiotelcomのオフィスに月曜朝一でやってきた訳です。

そこで、聞こえてきたのはまさかの理由で私の電話がロックされているとの情報。
土曜に起きたクーデターに関連して、あなたの電話が操作対象になっているとのこと。

シチュエーション的にも電話ぐらいは通じるようにしておかないと、誰も私の消息を掴めなくなる訳ですが、unlockに最低24時間かかるとのこと。

まぁエチオピアのことなので、当然24時間で回復するということはないと思う訳ですが。。。
ということで、私が電話回線すら断ち切れて、1日目。。。

まぁ、生きてますよ、ただ電話すら繋がらないのでは、進めていた土地の最終プロセスの詰め作業もできない訳です。
しかも、どうやら今日は昨日お亡くなりの伝えられたアムハラ州のPresidentや軍トップをお悔やむ日みたいな感じで労働士気が低下しているとのこと。

クーデターは結局失敗に終わって、政府が既にアンダーコントロールだと声明を出していたようですが、まだまだ、この国の荒れ模様はしばらく続きそうですね。

●今後の予想
本来、今日予定されていた、アビー首相のアワサ訪問が延期されたことによるシダマ民族の怒りが爆発するのではという懸念。
殺された軍トップ、ティグライ族(元々ティグラい族は歴史的に軍のトップを勤めている)がアムハラ族に対する反感を強める。
アビー首相を追い落とそうとしたことに怒るオロモ族からアムハラ族に対する嫌悪感。
どさくさの混乱に紛れて権力を求めるテロ集団OLF

民族やら政治的思惑やらなんやらで、国家全体の行く末を決める内戦になんか発展したら最悪ですが、まぁ訳のわからない展開がまだまだ次々に巻き起こるかもしれませんね。。。。

あーあ、この記事がオンラインにアップされるのはいつの日になることでしょう。
そして、最低電話回線の復旧ぐらいはしておきたいところですが、この辺りもどうなることやらって感じですねー。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です