遂に州議会も通過しました。

どうも、Food for Future Plcの竹重です。
ようやく、土地問題もコンプリートが見えてきました。
意思決定機関であるゾーン政府議会の通過からはや数ヶ月が経過していますが、報告対象のみであるはずの州議会でも弊社プロジェクトに関わる土地のリース契約を承認する旨が遂に可決され、残すところは契約書の確認及びサイニングのみとなりました。
ここ最近、土地のリース契約の完了後の工場建設に伴う建設許可の取得に関わる手続きについても確認しているのですが、これが、建設許可の仕組みそのものに関わる部分ですが、未許可の建設というのはかなり広く行われているようで、またまた不透明なプロセスになりそうな予感がしています。

最悪、高層ビルでなければ建設許可の取得なしでも問題ないという人もいたりと全くもってわけがわからない感じですね。

ともあれ、ようやく自社での事業用地確保が完了して、次のステージに進めるということで、一安心です。

それと、これもまた謎ですが、どうやら最終契約を結ぶのは、アルベゴナ政府となりそうな予感です。
本来、規制上はゾーン政府との契約になるはずでしたが、色々、やってみないとわからないものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です