クリスマスのアポミス。悲しさ極まれり。

2018年12月25日分記事転載(アントレAfricaブログより)

メリークリスマス!   どうも、Food for Future Plcの竹重です。 さてさて、引き続き土地の収容問題に取り組んでいる年の瀬です。。  

新候補:アルベゴナ

先日から新候補地としてにわかに浮上中のアルベゴナです。 先週、バイクで2時間半ほどかけて行ってきました。 元々の候補地であったググマ村・カタナ村から更に奥地へ1時間ほど行ったところにあるアルベゴナですが、なかなか気候も環境も良さそうなところです。  

アルベゴナの牛たち。
カワイイ、癒されますねー。

  先週のアポの際に、候補地を絞って今週火曜、つまり今日までに用意しとくので、また来てね!と言われていたのですが、本日行ってみると、『えっ、木曜だよね!?』とのこと。   スケジュールを改めてチェックしてみると、僕のスケジュールにも木曜と入っているではないですか!!!!   クリスマスプレゼントに土地貰えるーっと喜んで早朝から地方に向かいましたが、結果的にクリスマスプレゼントはお預けになってしまいましたねー。。。   今回の件は全面的に僕のミスですが、悲しい。。。   クリスマスに予定がないのを無意識に拒んで自分自身を洗脳してしまったのでしょうか?笑 とりあえず、田舎から引き返して、事務作業に専念してますが、これはこれでよき1日かなとも思うわけです。。。。笑   新候補地のアルベゴナの動向については、木曜に続報が出るのかなと思っています!   では、また。